【巷で大流行のiPhoneケース】topologieの肩からかけられるクロスボディフォンケースが今アツい

「新しいiPhoneケース欲しい」

「ポケットからiPhone出すの面倒だな」

「荷物が多くてiPhoneの出し入れが面倒」

このような方におすすめの商品を紹介します。

 

今回紹介するのはtopologie クロスボディフォンケースという肩から斜めがけにするiPhoneケースです。

 

本記事の内容です。

  • topologieの紹介
  • クロスボディフォンケースとは

 

 

目次

topologieってどんなブランド?

topologie(トポロジー)は熱狂的なロッククライミングファンのCarlos Granon(カルロス・グラノン)さんが創設した会社です。

製品には未加工の真鍮で作られたバックルとクライミングで使われる日本製のロープを融合させてブレスレットにしたものや、ロッククライミングからインスパイアされたデザインのバッグなどを製造しています。

今回はこのtopologieから発売されているスマホケースとストラップがセットになったクロスボディフォンケースを紹介します。

 

クロスボディフォンケースってどんなもの?

クロスボディフォンケースは肩から斜めにかけられるiPhone用のストラップとケースがセットになった商品です。

 

クロスボディフォンケースのメリット

この商品のメリットですが、まず肩からかけることでポケットやカバンにiPhoneをしまわなくていいということです。

とくに女性だとポケットのないスカートなど着ることがあると思いますが、これがあればカバンに入れずに済みます。

 

またカラーバリエーションも豊富なのでファッションのアクセントとしてもバッチリです。

カップルや夫婦がおそろいで持ってたら素敵じゃないですか?

 

クロスボディフォンケースのデメリット

めちゃくちゃおすすめしたいんですが、一応デメリットも紹介します。

 

まずストラップがいらないという時に外すのが面倒です。

そして斜めがけのストラップということは長いので、走ったりする時には邪魔になります。

 

僕も愛用しているのですが、こういったデメリットを解決するために長いストラップをぎゅっとコンパクトに結んで使ったりしています。

それはそれで意外とおしゃれなんです。

 

どんな種類があるのかお気に入りを探してみてください

カラーバリエーションもそうですがiPhoneの機種によって付属のケースが合わなくなるので注文する際には注意してください。

topologieの公式ページから購入可能です。

ぜひお気に入りを探してみてください。

>>topologie公式ページ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる