収益化ができるMildomでゲーム配信してみよう【スマホだけでOK】


[talk set=”Vlog初心者さん” pos=”left” color=”blue”]

eスポーツも流行っているしみんなゲーム配信やってるから自分もやってみたいな…いろんな機材必要なのかな?[/talk]

こんな疑問にお答えします。

結論

Mildomならスマホだけで配信できて、収益化もできるからおすすめです。

細かく解説します。

 

本記事の内容

  • ゲーム配信とは
  • Mildomの紹介
  • Mildomへの配信方法
  • ゲーム配信で必要な機材
  • Mildom収益化
  • ゲーム実況者としての生き方
目次

ゲーム配信とは

Photo by Florian Olivo on Unsplash

ゲーム配信とは自分のやっているゲームプレイを録画またはリアルタイムライブで視聴者に見せるというコンテンツです。

友達の家に遊びに行ってゲームをただ見てるっていう感じを不特定多数に提供する感じです。

人気ゲーム配信者の多くはプレイしているゲームの最新情報や攻略法、仲間とのおもしろやりとりで視聴者に有益な内容を届けている方が多いです。

 

僕は好きなゲームをもっとうまくプレイするためにゲーム配信をみて学んでいます。

どう視聴することができるのかお話しします。

配信プラットフォーム

主な配信プラットフォームはYoutube, Twitchが代表的ですね。

最近ではスマートフォンゲームの急速な普及によってMirrativや今回紹介するMildomなどのスマートフォンだけで配信できるプラットフォームが注目されて急成長しています。

 

ゲーム配信による収益

ゲーム配信者の中には配信することで得られる視聴者からの投げ銭や企業の広告により収益を得ています。

ゲームはいま、「個人の娯楽」から「見せる職業」に変わりつつあるといえます。

今回はそんなゲーム配信プラットフォームから「Mildom」に注目して解説します。

Mildom(ミルダム)の紹介

Mildom(ミルダム)は中国のDouyuと三井物産によって2019年8月にスタートした配信プラットフォームサービスです。

なんとMildomは収益化が可能です。

僕はPUBGモバイルをやっていて、人気の実況者まがれつさんれいしーさんがMildomで配信するという話になってから注目していました。

最近では吉本芸人のゲーム配信番組をやったりしていて芸能人配信者も増えて信頼性がより上がってきています。

似たようなゲーム配信プラットフォームのMirrativ(ミラティブ)に比べるとユーザー数は少ないですが、その分競争率は低くなっているので有名になれる狙い目かなと思います。



Mildomでの配信方法

Mildomでの配信方法はいくつかあるので紹介します。

どんなゲームをやるのかでも変わってきますのである程度把握しておくといいと思います。

スマートフォン版ゲームをMildomで配信する場合

スマートフォンで配信をする場合は2種類あります。

パターンごとにみていきましょう。

スマートフォンのみ

スマートフォンの画面共有で配信できます。

Mildomの配信ボタンから配信の情報を入力して画面共有。イヤフォンのマイクで話せます。

スマートフォンとPC/Mac

PC/Macに接続してOBS Studioというソフトを使います。

スマートフォンだけでは画面の情報しか表示できませんがOBS Studioを使うことで、プライバシー保護が必要な操作をする場面でライブ配信を切ることなく、別なスクリーンを表示させて隠すことができます。

スマートフォンから接続するにはキャプチャーボードを介してHDMIからUSBに接続する必要があります。

PlayStation 4/5やNintendo SwitchなどのゲームをMildomで配信する場合

ゲーム機とPC/Mac

PlayStation4/5は独自に配信ができるのですがMildomには対応していませんので、PC/Macにキャプチャーボードで繋いでOBS Studioで配信する必要があります。

注意事項

Nintendo Switch Liteは外部出力がないため配信できません。

ゲーム配信で必要な機材の例

Photo by Mateo Vrbnjak on Unsplash

配信用PC
ゲーミングPCと呼ばれるスペックが高いものがおすすめです。

ヘッドセット

イヤフォンとかでいいですが、高性能で安価なものもたくさんあります。Razerなどが人気です。
そして実況なのでマイクがついてるのが絶対。

キャプチャーボード

キャプチャーボードはHDMI入力をPCのUSBに変換して、録画の入力とモニター出力を分けることができます。

人気のあるやつを買うのがいいです。結構ピンキリ。

AVerMediaのGC550が有名なYotuberに人気です。

とりあえずこれ買っておけば間違いないと思います。

WIndowsとMacOSどちらも使えます。

Mildomでの収益化の話

Mildomが話題になった要因は、収益化のハードルが低いということです。

これはMildomのマーケティングによるものだと思いますが、まだまだ知らない人をユーザーとして確保するためには、盛り上げてくれる配信者が必要です。

色々と変化があったのですが、現在2021年1月の段階での収益化の条件は

配信時間300分

配信日数10日

視聴時間900分(配信している時に視聴された時間)

これで配信者ランクという審査を申し込みできます。

 

ランクごとに1時間にもらえる金額は異なります。

1日に4時間までの報酬で最大月収18万円もらえるので副業としてはかなりおいしいと思います。

これよりも稼ごうと思うと、公認配信者になったり、ゲームの配信をYoutubeやTwitchに変えるという手もあります。

有名になることで成功するチャンスはどんどん出てくるので、まずはまだそこまで有名じゃないMildomで目立つのもいいかなと思いますよ。

ゲーム実況者としての生き方

Photo by ELLA DON on Unsplash

ゲーム実況者というのはいわゆるゲームを実況しながらプレイするのを仕事とする人たちです。

海外ではストリーマーと呼びます。

どれくらい稼げるのか

ゲーム実況者で超有名な方といえばFortniteなどをプレイしているNinjaさんです。

月収数千万円稼いでいることで有名です。

企業からの紹介料として1億円の収入を得たという話もあります。

まぁ、これはサッカー界でいうところのメッシのような存在なので夢のまた夢かもしれません。

しかし、ゲーム業界はある程度の精神や肉体は使いますが、身体能力などは関係ないので努力すればチャンスはあるかもしれません。

日本でも月収数百万という方も普通にいるので、みなさんもチャンスが有れば生活していけるほどになれます。

でも現実はそう甘くない

ゲーム実況者のほとんどは、1日に8時間ものゲームをしていて週に5日やっています。

これはもう仕事ですよね。

しかも視聴者のほとんどは仕事が終わってから寝る前にみるということを考えると夜にゲームをスタートするので生活は逆転してしまいます。

楽して稼ぐ方法はないということです。

好きなことが仕事にできるって思うと毎日楽しく過ごせるので、ゲームに情熱がある方にはおすすめですね。

 

スマートフォンの人気ゲームを3つ紹介した記事がありますのでよければご覧ください。

[card url=”https://vlog-life-people.com/smartphonegame_top3/”]

 

Mildomで早速配信してみよう!

今回はMildomでのゲーム配信について解説でした。

まずは気軽にゲームを配信してみるのをおすすめします。

ゲーム配信で学べることもありますし、それで人気が出てくれば配信する事がもっと楽しくなると思います。

ぜひMildomをダウンロードして視聴から始めてみてください。

>>Mildom

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる