楽しい旅行を邪魔しないとっておきのVLOGカメラInsta360 ONE Rを紹介します。

「旅行の記録をいい映像で撮りたい」「でも大きなカメラは荷物になるし、スマホじゃ物足りない」というワガママに対応できるカメラがある。

2020年に登場したモジュール型アクションカメラInsta360 ONE R。このカメラはコンデジよりも小さくスマホよりも綺麗に撮影ができる高性能なアクションカメラです。

今回は旅におすすめなLeica共同開発のアクションカメラInsta360 ONE R 1インチ版を紹介します。

目次

旅といえば荷物を極力減らしたい

カバンに荷物を入れて旅行の準備をしている

旅といえば日帰りでなければ服とか必要なトラベルグッズを持っていきますよね。そこに普段持ち歩かないカメラの機材が追加されるとかなり重い。

「荷物が多いのに重いカメラなんて持ち運ぶの無理!」

そんな時にInsta360 ONE Rはアクションカメラでポケットに入れられるほどコンパクト。なのにスマホよりも高画質。

電源を入れてすぐに撮影開始できます。

公式ページはこちらをクリック→Insta360°

旅の記録はスマホよりも鮮やかに

旅の記録は思い出になるのでできるだけ綺麗な映像で残したいですよね。最近では4Kで撮影できるスマホは当たり前。

Insta360 ONE R 1インチは5.3Kで撮影できてスマホよりもはるかに大きい1インチセンサーで程よいボケと暗所での撮影も強くなります。

手ブレを気にせず撮影ができる

映像の素材を集めるためには同じ場所で何度も動画を撮っておく必要があります。動画素材なので各10秒から数分以上は立ち止まって動画をまわすのですが、これに一眼レフだと撮影前に設定を細かくチェックしてから撮影。とても面倒くさい。

一緒に行く友人や家族を待たせすぎてしまうとテンションが下がってしまいます。

Insta360 ONE RにはFlowStateスタビライゼーションという手ぶれ補正が付いているので歩きながら撮影したり急いで撮影しても大きなブレを感じない映像が残ります。かなりすごい補正です。

手ブレ補正がついてるカメラはたくさんありますがアクションカメラの補正力は比較になりません。

安心して映像を残せますね。

イマイチなデメリットを解決する方法

Insta360 ONE Rも最強のカメラではなくデメリットもあります。

以下はデメリットとなる要素です。

・電池の持ち

・内蔵マイク

・超広角レンズ

しかしこれは個性みたいなものでもあるので理解して使うのがいいかなと思います。以下でデメリットを解説していきます。

電池の持ちは良くない

これはどんなカメラにも言えることですが電池も持ちは良くないです。予備を2つ以上は買いましょう。他社のカメラとの互換バッテリーなどなく、独自のものなので予備無しで充電が切れると撮影不可になります。

あまり重いものではないので旅行でも邪魔になりません。

内蔵マイクは高音質とまではいかない

内蔵マイクはアップデートによって風切り音を防ぐような機能も追加されましたが、クリアな音声で解説を入れたいと思う方は外部マイクを買ってください。とはいえ他のアクションカメラよりは音質がいい。

ケーブルが邪魔にならないワイヤレスマイクがあると便利です。Rode Wireless GOという商品がめちゃくちゃコンパクトでおすすめです。

超広角レンズは物撮りに弱い

超広角レンズは周りが歪みやすく、寄った映像を撮影するとピントが合わないということが起こります。物撮りをする際は設定をnarrowという画角を狭くする設定で撮影しましょう。撮影後にも変更が可能です。

事前にどこまで近づいて撮影できるのか練習しておくと失敗しにくいですよ。

一緒にあると便利なアイテム

Insta360 ONE Rはカメラだけではなくアクセサリーを揃えると幅広い撮影が可能です。僕が使ってて必要だなと思うアイテムを紹介します。

予備バッテリー

予備バッテリーは必須です。最低でも2個は追加で欲しいところ。Insta360オンラインストアでは大容量バッテリーも販売されています。

 

見えない自撮り棒

Insta360 ONE Rは専用の自撮り棒をつけると映像に映ったとしても消える仕組みになっています。自撮りはもちろんアングルを目線とは違う高さで撮影すると見る人を惹きつけられる映像になります。

ミニ3脚

手持ちなら見えない自撮り棒で大丈夫ですが、置いて撮影をするためには3脚が必要です。僕の大好きなManfrottoのPIXIはとてもおすすめです。

リグ

リグとはカメラに取り付ける鉄製の枠組のことで、ネジ穴を増やしてマイクやライトをつけるような拡張性を上げる用途でつかいます。Insta360 ONE Rでは専用の枠が外しにくいので代わりにSmallrigから出ている専用のリグをつけるとバッテリーの交換時の着脱がスムーズになります。

レンズカバー

レンズカバーはもともとないので他社メーカーが販売しているものを買うと傷や破損を防げます。

キャリーケース

持ち歩く際に専用ポーチがあると安心です。かなりコンパクトで出し入れも楽なのでめちゃくちゃおすすめです。たまに売り切れていますのでお早めに。

Insta360 ONE R 1インチで旅VLOGを撮ろう

旅行にピッタリなカメラって何を優先するかによって変わってくると思いますが、旅行を楽しむメインで考えるとInsta360 ONR Rの1インチセンサーはかなり有力候補になります。

重いカメラを持って旅行は大変じゃないですか?

「邪魔をしない。でも記録もしっかりできる」そんなカメラをお探しの方へおすすめのカメラです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる