[特徴を解説]DJI Pocket2はVlogに最高なのか?

今回は最近発売されたDJIのOsmo Pocketの後継機DJI Pocket 2がVlogに使うのはどうなのか僕は持ってないんですが、欲しくなってしまったので調べたことを書きます。

最初にDJI Pocket2の期待値をお伝えしていくと「高品質な作品撮りには物足りないが、Vlogの記録には最高」です。

他の記事ではVlogに必要な機材などを紹介していますのでよければ後でご覧ください。

[card url=”https://vlog-life-people.com/vlogequipments/”]

では早速できるだけわかりやすく解説していきます。

目次

3軸手振れ補正

3軸手ぶれ補正はVlogを撮影するにあたり非常に重要な要素です。

多くのVlogは旅や日常を撮影するものが多く、歩きながら景色を撮影する際にはカメラに手ブレが発生します。

3軸の手ぶれ補正はX軸ピッチ(Pitch)Y軸ヨー(yaw)Z軸ロール(roll)といった軸に対しての回転方向の揺れに対して作用します。

3軸手ぶれ補正の問題点

3軸手ぶれ補正は完璧ではないです。
3軸手ぶれ補正は上下の振動に弱いので、人間が歩いている時に起こる揺れは映像に記録されてしまい少しカクンカクンとなります。
なので4軸目の補正として人間の膝をうまく使いいわゆるジンバル歩き(歌舞伎のようなソロリソロリ歩き)で上下の揺れを低減させます。

1/1.7センサー

センサーサイズは1/2.3から1/1.7と少しだけ大きくなりました。

通常センサーが大きくなることでの恩恵は高画質になることや、背景ボケやすくなり雰囲気のある動画が撮れること。

このモデルでのセンサーサイズの変更はあまりそういった恩恵は出ないと思いますが。。。有効画素数は12MPから64MPまで上がったのでかなりの変化ですね。

収録音質

今回の大きな特徴の一つでもあります。

中でもVlogに最適だと思うのは指向性オーディオです。

この指向性オーディオには前だけや前後、そして全体という音を取り込む設定ができるようになっており、賑やかな場所でマイクに向かって話す場面では前だけや前後のモードに設定すると不必要な音をカットすることができます。

コンパクトデザイン

なんといってもコンパクトでジンバルの仕組みで様々な撮影ができるのは他のアクションカメラとは違ったものになります。

Vlog撮影に慣れていない方は特に大きいカメラを持っていってわざわざ出して撮影するというのに躊躇してしまいがちです。

これならカバンやポケットに忍ばせておいて、いざ撮影となった時にすぐに撮影できます。

しかも周りの目も気になりません。

一緒に揃えておきたい物 必須編

DJI pocket2は単体でも映像は撮影できますが、やはり周辺機器があった方がより多くの表現ができるので、中でも重要なものだけを紹介します。

NDフィルター

カメラの知識がない方には全くわからないものかもしれません。

これはレンズにつけるサングラスのようなものです。

なぜ必要なのかといいますと、カメラにはシャッタースピードというものがありシャッターの開く時間が短いほどブレがなくなり暗くなります。しかし動画の世界ではシャッタースピードを固定にしなければいけないので規定通りにするとシャッタースピードが遅くかなり明るくなってしまいます。

目の前で手を振った時にその手はブレて見えると思いますが、そのブレがないと映像が不自然になって見えてしまうのです。

使わなければいけないシーンは明るい屋外です。

屋内や夜間は必要ございません。

マイクロ3脚 + 3脚マウント

3脚はどこかに置いて第3者目線のショットを撮ったり、タイムラプスの撮影などをする時に必要なものなので、僕は必須と思います。

充電ケース

モバイルバッテリーのような機能を備えたケースです。

やはりバッテリーが切れてしまうと撮影できなくなり、諦めて帰ってきて編集をした時に素材が足りなくて完成したものが中途半端になってしまう事態に繋がります。

取れ高は使わない素材が出てくるくらい多めに撮りましょう。

一緒に買った方がいいもの あったらいいな編

Do it all ハンドル + ワイヤレスマイク

Do it all ハンドルはWifiとbluetoothの接続や、外部マイクジャック、ワイヤレスマイクレシーバーや外部スピーカーも付いています。

ワイヤレスマイクを使えばインタビューや離れた場所からの会話などを録音できるので人によっては持っておきたい物です。

広角レンズ

広角レンズを使うことで元々の画角20mmをさらに広げることができます。

20mmでもかなり広く感じますが、より広角になることで大きな建物はダイナミックになりますし、ペットなどを撮影する時にかなり寄りで撮影するととても可愛い映像が撮れます。

欲しいと思った方が結果何を買えばいいかといいますとDJI Pocket 2 Creatorコンボに追加でNDフィルターセットを買えば全て揃います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる